2021/05/05

アトピー性皮膚炎

湿疹・皮膚炎群に含まれる皮膚病で、アトピー体質という一種の
アレルギー体質の人におこる。ストレスや食事、ダニ、汗などの因子が
引き金となり、強い痒みと湿疹症状が現れる。年齢とともに、発疹部位が
限定されてきて、皮膚が乾燥し、固く厚ぼったくなる傾向がある。

治療はステロイド剤が有効だが、この薬では完治出来ない場合は、
漢方薬の併用が有効である、またアトピー性皮膚炎の人は、しばしば
気管支喘息など他のアレルギー疾患を合併している。このような時は、
六君子湯、八味地黄丸、十全大補湯などで、まずは体質を改善するのが普通である。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
・補中益気湯、十全大補湯:全身倦怠感、貧血、食欲不振
・当帰飲子:皮膚の乾燥化、強い痒み
・柴胡清肝湯:皮膚が浅黒い。神経質、よく風邪を引く
・桂枝加黄耆湯:発汗が多い。ジクジクした発疹
・黄耆建中湯:疲労感、寝汗を伴う

◎体力はふつう(中間証)
・温清飲:皮膚乾燥、のぼせ、手足のほてりを伴う
・荊芥連翹湯:皮膚が浅黒い。手のひらによく汗をかく
・十味敗毒湯:化膿、紅斑(皮膚の赤味)が目立つ
・茵蔯五苓散:口渇、発汗が多い

◎体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)
・葛根湯:肩こり、顔や頭の湿疹
・治頭瘡一方:顔や頭のジクジクした発疹
・白虎加人参湯:口渇、皮膚の乾燥傾向
・消風散:痒みが強い。局所の熱感
・黄連解毒湯:顔色が赤い。のぼせ、イライラ
・清上防風湯:顔面や頭部の充血

2021/05/05

アトピー性皮膚炎

湿疹・皮膚炎群に含まれる皮膚病で、アトピー体質という一種の
アレルギー体質の人におこる。ストレスや食事、ダニ、汗などの因子が
引き金となり、強い痒みと湿疹症状が現れる。年齢とともに、発疹部位が
限定されてきて、皮膚が乾燥し、固く厚ぼったくなる傾向がある。

治療はステロイド剤が有効だが、この薬では完治出来ない場合は、
漢方薬の併用が有効である、またアトピー性皮膚炎の人は、しばしば
気管支喘息など他のアレルギー疾患を合併している。このような時は、
六君子湯、八味地黄丸、十全大補湯などで、まずは体質を改善するのが普通である。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
・補中益気湯、十全大補湯:全身倦怠感、貧血、食欲不振
・当帰飲子:皮膚の乾燥化、強い痒み
・柴胡清肝湯:皮膚が浅黒い。神経質、よく風邪を引く
・桂枝加黄耆湯:発汗が多い。ジクジクした発疹
・黄耆建中湯:疲労感、寝汗を伴う

◎体力はふつう(中間証)
・温清飲:皮膚乾燥、のぼせ、手足のほてりを伴う
・荊芥連翹湯:皮膚が浅黒い。手のひらによく汗をかく
・十味敗毒湯:化膿、紅斑(皮膚の赤味)が目立つ
・茵蔯五苓散:口渇、発汗が多い

◎体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)
・葛根湯:肩こり、顔や頭の湿疹
・治頭瘡一方:顔や頭のジクジクした発疹
・白虎加人参湯:口渇、皮膚の乾燥傾向
・消風散:痒みが強い。局所の熱感
・黄連解毒湯:顔色が赤い。のぼせ、イライラ
・清上防風湯:顔面や頭部の充血