2021/07/11

プレミアム りなちゃん

「プレミアム りなちゃん」は、国内最高峰の高品質を誇るスピルリナの製品です。スピルリナにビタミン・ミネラルなど(フォスファチジルコリン・亜鉛・鉄・葉酸・ビオチンなど)を強化した小粒の栄養機能食品です。育ち盛りのお子様はもちろん、はつらつ女性、いきいきシニアにもお勧めです。

スピルリナは、湖などに生息する藻の一種。スピルリナ(spirulina)の名前の由来は、形が螺旋状であることから、ラテン語の螺旋形を意味するspira(英語ではspiral)からきています。地球上に初めて生物が出現した約30億年前から存在している原核生物の一種であり、幅が0.005〜0.008mmくらい、長さが0.3〜0.5mmほどの単細胞微細藻類です。スピルリナは、古代からアフリカや中南米の水温が30〜35℃のアルカリ性の湖に主に生息しており、以前から周辺に住む人の食べ物として利用されてきました。

スピルリナの特徴をまとめますと、
特徴1 - アミノ酸バランスのとれたたんぱく質が豊富
たんぱく質が55~70%と豊富に含まれています。たんぱく質が多いといわれている食品のたんぱく質の含有率を参考までに示しますと、豆腐5%、牛乳3%、プロセスチーズ23%、牛ひき肉19%で、スピルリナが高いたんぱく質含有率をもつことがわかります。

特徴2 - 食物繊維を約4〜8%含有
食物繊維とは消化酵素で消化されにくい多糖類の総称です。スピルリナの食物繊維は約4~8%で、その約40%以上は水溶性難消化性多糖類です。

特徴3 - クロロフィル、カロテノイドやフィコシアニンなどの植物性色素を含有
スピルリナに含まれる色素は大きく分けると3種類で、クロロフィル(葉緑素)、β-カロテンやゼアキサンチンなどのカロテノイド系色素、スピルリナ特有色素フィコシアニンです。これらの色素はそれぞれ緑色、橙黄色、青色ですが、まざるとスピルリナ独特の濃緑色を呈します。β-カロテンは、プロビタミンAとしてビタミンAの栄養機能が知られています。フィコシアニンは鮮やかな青色を呈することから、ガム、冷菓などに青色をつける植物由来の青色素として利用されています。

特徴4 - β(ベータ)-カロテンが豊富、ビタミンB群などの補給にも
β-カロテン(体内で必要に応じてビタミンAに変わるビタミンA予備軍、プロビタミンAともよばれる)は、スピルリナの日常量4g(通常20粒に相当)で約7mg摂取することができます。β-カロテンは、ビタミンAのような過剰摂取の弊害は知られていません。 また、スピルリナにはビタミンB1、B2、B6なども含まれます。

特徴5 - 鉄・カルシウムなどミネラルの補給に
鉄はスピルリナ100g中に約90mg含まれ、4g(約20粒)の摂取で1日に必要な量(6.5mg)の半分(約3.6mg 食事摂取基準2015より)が補給できます。カリウムは約1~2%含まれ、それ以外にカルシウム、マグネシウム、マンガン、亜鉛、コバルトなどの微量元素も含まれています。海草に多いヨウ素(ヨード)は、スピルリナからは検出されませんので、ヨウ素(ヨード)制限されている方も召しあがれます。

特徴6 - 多価不飽和脂肪酸のγ(ガンマ)-リノレン酸を含有
リノール酸、アラキドン酸とともに必須脂肪酸の一種であるγ-リノレン酸が約1.3%と他の藻類と比較しても多く含まれています。γ-リノレン酸は体内で代謝され、重要な働きをするプロスタグランジンに変化します。

特徴7 - 消化吸収率が95%と高く、内容成分が利用されやすい
食べた栄養成分は消化され吸収されて初めて栄養素としての価値が出てきます。 スピルリナは細胞壁が薄く壊れやすいため、細胞壁を破砕する処理をしなくても95%の消化吸収率を示すことが動物試験で確かめられています。

このような方にお勧めです。
お子様からシニアの方まで、
●緑黄色野菜が不足がちな方に
●食生活が不規則な方に
●偏食がちな方に
●ダイエット時の栄養が不足がちな方に
●ビタミン・ミネラルが不足がちな方に

2021/07/11

プレミアム りなちゃん

「プレミアム りなちゃん」は、国内最高峰の高品質を誇るスピルリナの製品です。スピルリナにビタミン・ミネラルなど(フォスファチジルコリン・亜鉛・鉄・葉酸・ビオチンなど)を強化した小粒の栄養機能食品です。育ち盛りのお子様はもちろん、はつらつ女性、いきいきシニアにもお勧めです。

スピルリナは、湖などに生息する藻の一種。スピルリナ(spirulina)の名前の由来は、形が螺旋状であることから、ラテン語の螺旋形を意味するspira(英語ではspiral)からきています。地球上に初めて生物が出現した約30億年前から存在している原核生物の一種であり、幅が0.005〜0.008mmくらい、長さが0.3〜0.5mmほどの単細胞微細藻類です。スピルリナは、古代からアフリカや中南米の水温が30〜35℃のアルカリ性の湖に主に生息しており、以前から周辺に住む人の食べ物として利用されてきました。

スピルリナの特徴をまとめますと、
特徴1 - アミノ酸バランスのとれたたんぱく質が豊富
たんぱく質が55~70%と豊富に含まれています。たんぱく質が多いといわれている食品のたんぱく質の含有率を参考までに示しますと、豆腐5%、牛乳3%、プロセスチーズ23%、牛ひき肉19%で、スピルリナが高いたんぱく質含有率をもつことがわかります。

特徴2 - 食物繊維を約4〜8%含有
食物繊維とは消化酵素で消化されにくい多糖類の総称です。スピルリナの食物繊維は約4~8%で、その約40%以上は水溶性難消化性多糖類です。

特徴3 - クロロフィル、カロテノイドやフィコシアニンなどの植物性色素を含有
スピルリナに含まれる色素は大きく分けると3種類で、クロロフィル(葉緑素)、β-カロテンやゼアキサンチンなどのカロテノイド系色素、スピルリナ特有色素フィコシアニンです。これらの色素はそれぞれ緑色、橙黄色、青色ですが、まざるとスピルリナ独特の濃緑色を呈します。β-カロテンは、プロビタミンAとしてビタミンAの栄養機能が知られています。フィコシアニンは鮮やかな青色を呈することから、ガム、冷菓などに青色をつける植物由来の青色素として利用されています。

特徴4 - β(ベータ)-カロテンが豊富、ビタミンB群などの補給にも
β-カロテン(体内で必要に応じてビタミンAに変わるビタミンA予備軍、プロビタミンAともよばれる)は、スピルリナの日常量4g(通常20粒に相当)で約7mg摂取することができます。β-カロテンは、ビタミンAのような過剰摂取の弊害は知られていません。 また、スピルリナにはビタミンB1、B2、B6なども含まれます。

特徴5 - 鉄・カルシウムなどミネラルの補給に
鉄はスピルリナ100g中に約90mg含まれ、4g(約20粒)の摂取で1日に必要な量(6.5mg)の半分(約3.6mg 食事摂取基準2015より)が補給できます。カリウムは約1~2%含まれ、それ以外にカルシウム、マグネシウム、マンガン、亜鉛、コバルトなどの微量元素も含まれています。海草に多いヨウ素(ヨード)は、スピルリナからは検出されませんので、ヨウ素(ヨード)制限されている方も召しあがれます。

特徴6 - 多価不飽和脂肪酸のγ(ガンマ)-リノレン酸を含有
リノール酸、アラキドン酸とともに必須脂肪酸の一種であるγ-リノレン酸が約1.3%と他の藻類と比較しても多く含まれています。γ-リノレン酸は体内で代謝され、重要な働きをするプロスタグランジンに変化します。

特徴7 - 消化吸収率が95%と高く、内容成分が利用されやすい
食べた栄養成分は消化され吸収されて初めて栄養素としての価値が出てきます。 スピルリナは細胞壁が薄く壊れやすいため、細胞壁を破砕する処理をしなくても95%の消化吸収率を示すことが動物試験で確かめられています。

このような方にお勧めです。
お子様からシニアの方まで、
●緑黄色野菜が不足がちな方に
●食生活が不規則な方に
●偏食がちな方に
●ダイエット時の栄養が不足がちな方に
●ビタミン・ミネラルが不足がちな方に