2021/08/02

体の中から光老化予防を

太陽光線を浴び続けると、肌のシミ、シワ、たるみなどが引き起こされますが、これを肌の「光老化」と呼びます。肌の老化は、加齢による老化が2割程度で、この光老化が約8割といわれています。

太陽光線は、波長の短い方から紫外線(UV)、可視線、赤外線(IR)に分けられます。このうち紫外線が最も「光老化」と深い関係があり、また可視線の一部であるブルーライトや近赤外線(NIR)も「光老化」を引き起こします。

また、波長が長いほど、波長が長いほど、肌の表皮・真皮・皮下組織まで届き、肌を老化させることが知られています。紫外線は、波長の長さからさらに紫外線B波(UVB)と紫外線A波(UVA)に分けられます。波長の短い方から、紫外線B波(UVB)、紫外線A波(UVA)、近赤外線(NIR)となります。したがって、紫外線B波(UVB)は皮膚の浅い部分まで届き、近赤外線(NIR)が最も皮膚の深い部分まで届きます。


(写真をクリックすると、綺麗な画像が見れます。)

近赤外線(NIR)は、皮膚の表皮を簡単に突き抜けて、真皮や筋肉層にまで届きます。奥深いところでコラーゲンやエラスチンを変性させて「シワ」を生み出し、さらに顔の表情を引き締めている筋肉を攻撃して「たるみ」の要因にもなります。また、メラニン細胞を刺激してシミの原因にもなります。

紫外線A波(UVA)は、日ざしを浴びた後に、肌をすぐ黒くする紫外線です。表皮の下の真皮まで到達し、コラーゲンとエラスチンを変性させ、「シワ」も生み出します。

紫外線B波(UVB)は、主に表皮に強く作用して、日ざしを浴びた数時間後に、肌に赤く炎症を起こす紫外線です。皮膚の比較的浅いところ、表皮にしか届きませんが、これが表皮のメラニン色素を大量に作り出し、日やけによるシミ・ソバカスの原因を作ります。

従って、近赤外線(NIR)は、さらに奥の脂肪組織や筋膜にまで届き、主に「たるみ」の原因を、紫外線A波(UVA)は真皮まで届き、主に「シワ」の原因を、そして紫外線B波(UVB)は表皮に届き、主に「シミ」の原因を作り出します。

このような「光老化」の対策として重要なのが、活性酸素の除去と線維芽細胞の活性化です。そして、この両方に対応するものとして、スクアレンがあります。


(写真をクリックすると、綺麗な画像が見れます。)

まず紫外線は、活性酸素を発生させますが、体内で発生した活性酸素は、メラノサイトを刺激して黒色メラニンの生成を促し、「シミ」の原因を生み出す。なお紫外線の他に、ストレス、大気汚染、タバコなども活性酸素を発生する原因となります。
さらに、線維芽細胞は紫外線が破壊するエラスチンやコラーゲンを生み出します。このため、線維芽細胞を活性化することで、「たるみ」の原因を除きます。

スクアレンには、抗酸化作用があり、紫外線による活性酸素を除きます。また細胞賦活作用があり、線維芽細胞を活性化させることで、エラスチンやコラーゲンの産生を促します。まさに、体内から「光老化」を予防するものとして、有効です。

2021/08/02

体の中から光老化予防を

太陽光線を浴び続けると、肌のシミ、シワ、たるみなどが引き起こされますが、これを肌の「光老化」と呼びます。肌の老化は、加齢による老化が2割程度で、この光老化が約8割といわれています。

太陽光線は、波長の短い方から紫外線(UV)、可視線、赤外線(IR)に分けられます。このうち紫外線が最も「光老化」と深い関係があり、また可視線の一部であるブルーライトや近赤外線(NIR)も「光老化」を引き起こします。

また、波長が長いほど、波長が長いほど、肌の表皮・真皮・皮下組織まで届き、肌を老化させることが知られています。紫外線は、波長の長さからさらに紫外線B波(UVB)と紫外線A波(UVA)に分けられます。波長の短い方から、紫外線B波(UVB)、紫外線A波(UVA)、近赤外線(NIR)となります。したがって、紫外線B波(UVB)は皮膚の浅い部分まで届き、近赤外線(NIR)が最も皮膚の深い部分まで届きます。


(写真をクリックすると、綺麗な画像が見れます。)

近赤外線(NIR)は、皮膚の表皮を簡単に突き抜けて、真皮や筋肉層にまで届きます。奥深いところでコラーゲンやエラスチンを変性させて「シワ」を生み出し、さらに顔の表情を引き締めている筋肉を攻撃して「たるみ」の要因にもなります。また、メラニン細胞を刺激してシミの原因にもなります。

紫外線A波(UVA)は、日ざしを浴びた後に、肌をすぐ黒くする紫外線です。表皮の下の真皮まで到達し、コラーゲンとエラスチンを変性させ、「シワ」も生み出します。

紫外線B波(UVB)は、主に表皮に強く作用して、日ざしを浴びた数時間後に、肌に赤く炎症を起こす紫外線です。皮膚の比較的浅いところ、表皮にしか届きませんが、これが表皮のメラニン色素を大量に作り出し、日やけによるシミ・ソバカスの原因を作ります。

従って、近赤外線(NIR)は、さらに奥の脂肪組織や筋膜にまで届き、主に「たるみ」の原因を、紫外線A波(UVA)は真皮まで届き、主に「シワ」の原因を、そして紫外線B波(UVB)は表皮に届き、主に「シミ」の原因を作り出します。

このような「光老化」の対策として重要なのが、活性酸素の除去と線維芽細胞の活性化です。そして、この両方に対応するものとして、スクアレンがあります。


(写真をクリックすると、綺麗な画像が見れます。)

まず紫外線は、活性酸素を発生させますが、体内で発生した活性酸素は、メラノサイトを刺激して黒色メラニンの生成を促し、「シミ」の原因を生み出す。なお紫外線の他に、ストレス、大気汚染、タバコなども活性酸素を発生する原因となります。
さらに、線維芽細胞は紫外線が破壊するエラスチンやコラーゲンを生み出します。このため、線維芽細胞を活性化することで、「たるみ」の原因を除きます。

スクアレンには、抗酸化作用があり、紫外線による活性酸素を除きます。また細胞賦活作用があり、線維芽細胞を活性化させることで、エラスチンやコラーゲンの産生を促します。まさに、体内から「光老化」を予防するものとして、有効です。