秋の養生③ 肺と大腸(腸内環境)と免疫力の話

秋の養生③ 肺と大腸(腸内環境)と免疫力の話

普段から風邪をひきやすく、免疫力を高めたいと悩まれている方もいるかと思います。

漢方では免疫力を考える際に重要なポイントが2つあります。

それは「肺」と「大腸」です。

五臓の関係からもこの2つは表裏一体の関係として捉えられており、西洋医学的にも裏付けが増えてきています。

これは「肺」の働きとして外からやってくる病気から身を守る衛気(えき)という役割があるためです。

常に呼吸をして外気と接している肺は防衛線の最前線になります。その分、秋になって乾燥が強くなると肺の働きが弱くなり風邪やアレルギーを引き起こしやすくなります。

次に、肺と表裏一体の大腸も免疫力と深い関係があります。

近年では腸内環境、腸内フローラが話題にもなっており、免疫力強化のためには腸内環境の改善が大切であることは常識になってきています。

秋は乾燥から肺が弱り、免疫力が低下しやすい季節なので、肺を強化するためのサメの肝油(スクアレン)や潤いを補う亀板(きばん)などが活躍しますが、腸内環境を整えることも立派な秋の養生になります。

腸内環境を改善して肺の強化、免疫力の強化を目指しましょう。

腸内環境を改善する上では発酵食品がおすすめです。特に多種多様な腸内菌を育てて健康的な腸内環境をつくるためにはたくさんの種類の素材が腸内菌のエサとして必要です。

昔から偏らずバランスよく、いろんな種類をまんべんなく食べましょうと言われてきた食養生は単に栄養バランスだけではなく、腸内菌の観点からも理にかなっています。

そこでお勧めなのがたくさんの素材を多くの有用菌(腸内環境に良い善玉菌)で発酵熟成させた酵素ドリンクです。

昔から日本人の腸を支えてきた発酵食品はまさに免疫力の強化にうってつけですが、添加物の多さや食生活が乱れている現代人の腸内環境改善には酵素ドリンクのような発酵食品が必要です。

腸内環境が良いと食べものの栄養吸収も良くなるため、これから冬に向かってエネルギーを蓄えていくうえでもとても重要です。

ぜひ、免疫力強化のためにもこれからの季節は肺と腸を意識した養生を心がけてみてください。

酵素ドリンクの販売ページはこちら

漢方の基本カテゴリの最新記事