2021/05/05

胃下垂・胃アトニー

胃下垂は、胃の下部の位置が普通より下がっているもので、
X線写真でみると井の位置が骨盤より下にあるのがわかる。
日本人に多いと言われるが、特別な病気ではない。しかし、胃下垂の人は、
胃壁の筋肉が緩んで無力化し、消化力が低下していることが少なくない。
こうした状態を胃アトニーと呼ぶ。胃下垂・胃アトニーは神経質気質の痩せ型の人や
若い女性などに多く、食欲不振・胃の膨満感、吐き気、疲労感、
イライラなどの症状が見られる。

西洋医学的な治療では、対処療法が主体になるため、十分な治療が
出来ない場合がある。一方、漢方では、胃下垂・胃アトニーの症状を
体質的な要素が強いと捉え、全身的な機能を回復・強化することを目指す。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
・苓桂朮甘湯:疲労感、下半身の脱力感、口渇、尿量減少
・半夏白朮半夏等:冷え性、頭痛、めまい、胃のポチャポチャ音
・茯苓飲、茯苓沢瀉湯:腹部膨満感、胃のポチャポチャ音、消化不良
・大建中湯、真武湯:腹部冷感、胃痛、手足の冷え、腹部膨満感
・六君子湯:胃もたれ、食欲不振、血色不良
・補中益気湯、桂枝人参湯:疲労倦怠感が強い。食欲不振
・人参湯:体力低下、冷え、食欲不振、胃部停滞感

2021/05/05

胃下垂・胃アトニー

胃下垂は、胃の下部の位置が普通より下がっているもので、
X線写真でみると井の位置が骨盤より下にあるのがわかる。
日本人に多いと言われるが、特別な病気ではない。しかし、胃下垂の人は、
胃壁の筋肉が緩んで無力化し、消化力が低下していることが少なくない。
こうした状態を胃アトニーと呼ぶ。胃下垂・胃アトニーは神経質気質の痩せ型の人や
若い女性などに多く、食欲不振・胃の膨満感、吐き気、疲労感、
イライラなどの症状が見られる。

西洋医学的な治療では、対処療法が主体になるため、十分な治療が
出来ない場合がある。一方、漢方では、胃下垂・胃アトニーの症状を
体質的な要素が強いと捉え、全身的な機能を回復・強化することを目指す。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
・苓桂朮甘湯:疲労感、下半身の脱力感、口渇、尿量減少
・半夏白朮半夏等:冷え性、頭痛、めまい、胃のポチャポチャ音
・茯苓飲、茯苓沢瀉湯:腹部膨満感、胃のポチャポチャ音、消化不良
・大建中湯、真武湯:腹部冷感、胃痛、手足の冷え、腹部膨満感
・六君子湯:胃もたれ、食欲不振、血色不良
・補中益気湯、桂枝人参湯:疲労倦怠感が強い。食欲不振
・人参湯:体力低下、冷え、食欲不振、胃部停滞感