2021/05/05

神経症・ヒステリー

神経症(ノイローゼ)は、心理的な要因で種々の精神症状や身体症状が現れるもので、
同じように心理的因子が原因となる「心身症」よりも精神症状が全面に出てくる。
神経症の精神症状は様々な不安症状が中心となるが、症状の現れ方などで不安神経症、
強迫神経症、抑うつ神経症、神経衰弱、ヒステリー、離人神経症などに分類される。

神経症やヒステリーは、個々人の性格的な要素が強く影響している事も多く、
西洋薬では十分な効果が得られない事が少なくない。
当然、漢方薬でもなかなか効果が得られない場合がある。しかし、漢方では
西洋薬の精神安定薬とは異なり、精神症状を軽減するだけではなく身体的にも
作用するため、体調、体力が強化されると、精神面にも徐々に謳歌が効果が現れてくる事が多い。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
・加味帰脾湯:気が沈む、不安感、不眠症状
・甘麦大棗湯:ひきつけ、些細な事が気になる、下痢
・桂枝加竜骨牡蠣湯、柴胡桂枝乾姜湯:不安、不眠が強い。肩こり、動悸、頭痛
・半夏厚朴湯:気うつ感が強い。のどから胸元の違和感

◎体力はふつう(中間証)
・抑肝散、柴胡清肝湯:イライラが強い、怒りっぽい
・苓桂朮甘湯、柴朴湯:頭痛、不安、動悸、尿量減少、めまい
・香蘇散、参蘇飲:気うつ感が強い、頭痛、不眠、食欲不振
・加味逍遥散、四逆散:不定愁訴が目立つ。イライラ、不安感

◎体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)
・三黄瀉心湯、大承気湯:便秘傾向、のぼせ、胃のつかえ感
・黄連解毒湯:のぼせ症、胃のつかえ、目の充血、鼻血
・柴胡加竜骨牡蠣湯:胸元が苦しい、便秘、動悸、不眠

2021/05/05

神経症・ヒステリー

神経症(ノイローゼ)は、心理的な要因で種々の精神症状や身体症状が現れるもので、
同じように心理的因子が原因となる「心身症」よりも精神症状が全面に出てくる。
神経症の精神症状は様々な不安症状が中心となるが、症状の現れ方などで不安神経症、
強迫神経症、抑うつ神経症、神経衰弱、ヒステリー、離人神経症などに分類される。

神経症やヒステリーは、個々人の性格的な要素が強く影響している事も多く、
西洋薬では十分な効果が得られない事が少なくない。
当然、漢方薬でもなかなか効果が得られない場合がある。しかし、漢方では
西洋薬の精神安定薬とは異なり、精神症状を軽減するだけではなく身体的にも
作用するため、体調、体力が強化されると、精神面にも徐々に謳歌が効果が現れてくる事が多い。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
・加味帰脾湯:気が沈む、不安感、不眠症状
・甘麦大棗湯:ひきつけ、些細な事が気になる、下痢
・桂枝加竜骨牡蠣湯、柴胡桂枝乾姜湯:不安、不眠が強い。肩こり、動悸、頭痛
・半夏厚朴湯:気うつ感が強い。のどから胸元の違和感

◎体力はふつう(中間証)
・抑肝散、柴胡清肝湯:イライラが強い、怒りっぽい
・苓桂朮甘湯、柴朴湯:頭痛、不安、動悸、尿量減少、めまい
・香蘇散、参蘇飲:気うつ感が強い、頭痛、不眠、食欲不振
・加味逍遥散、四逆散:不定愁訴が目立つ。イライラ、不安感

◎体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)
・三黄瀉心湯、大承気湯:便秘傾向、のぼせ、胃のつかえ感
・黄連解毒湯:のぼせ症、胃のつかえ、目の充血、鼻血
・柴胡加竜骨牡蠣湯:胸元が苦しい、便秘、動悸、不眠