2021/05/05

頭痛

※2021年5月更新
【一般的な説明】

頭痛の原因は色々です。神経痛意外にも、脳腫瘍や脳出血などが原因と
なることがあります。もし、脳腫瘍や脳出血などが原因となっている場合は、
もちろん、外科手術などの治療を優先することになります。

一方で、漢方治療の対象になるのは、慢性頭痛とも言われる常習性頭痛などです。
常習性頭痛も、原因により色々と分類され、偏頭痛(血管性頭痛)、緊張性頭痛、
心因性頭痛などがあります。

他にも、高血圧などの生活習慣病や、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)も、慢性頭痛
の原因になります。これらの原因に合わせて、漢方薬を活用することで、
頭痛に対して、効果を発揮します。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
呉茱萸湯:嘔吐、頭痛が激しい
・七物降下湯:高血圧、顔色悪い、のぼせ、耳鳴り
半夏白朮天麻湯:胃腸が弱い、めまい、悪心、嘔吐
桂枝人参湯当帰四逆加呉茱萸湯:冷え性、下痢、お腹が張る

◎体力はふつう(中間証)
五積散:下半身が冷えて、上半身がのぼせる。悪心、嘔吐
桂枝茯苓丸:唇が暗紫色で、肌荒れ、月経不順
五苓散:口渇、尿量減少、むくみ
釣藤散:めまい、肩こり、耳鳴り、不安

◎体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)
黄連解毒湯:顔色赤い、のぼせ、イライラ、不眠
葛根湯升麻葛根湯:肩や頸筋のこり

【運龍堂の実際の運用例】
漢方からの視点から見た頭痛の原因は様々で、例えば血流悪化や
水分代謝の悪化が関与することが多いです。

傾向としては、時間帯によって、あまり症状が悪化しない場合は、血流悪化が
絡んでいることが多く、湿度が高い場合や朝に悪化しやすい場合は、水分代謝の
悪化が絡んでいることが多いです。

また最近は、血の不足(漢方で言うとことの血虚:けっきょ)が原因となっている
場合が非常に増えています。

これは、スマホの普及が原因だと言われています。スマホの過剰な使用によって、
血を消耗しすぎて、血虚となります。その結果、頭痛が起きてしまうのです。
事実、血を強力に補う牛黄鹿茸、鹿角、亀板を活用することで、
頭痛の症状が改善する場合が増えています。

今後の頭痛の対策として、血虚対策が重要になっていると思います。

2021/05/05

頭痛

※2021年5月更新
【一般的な説明】

頭痛の原因は色々です。神経痛意外にも、脳腫瘍や脳出血などが原因と
なることがあります。もし、脳腫瘍や脳出血などが原因となっている場合は、
もちろん、外科手術などの治療を優先することになります。

一方で、漢方治療の対象になるのは、慢性頭痛とも言われる常習性頭痛などです。
常習性頭痛も、原因により色々と分類され、偏頭痛(血管性頭痛)、緊張性頭痛、
心因性頭痛などがあります。

他にも、高血圧などの生活習慣病や、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)も、慢性頭痛
の原因になります。これらの原因に合わせて、漢方薬を活用することで、
頭痛に対して、効果を発揮します。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
呉茱萸湯:嘔吐、頭痛が激しい
・七物降下湯:高血圧、顔色悪い、のぼせ、耳鳴り
半夏白朮天麻湯:胃腸が弱い、めまい、悪心、嘔吐
桂枝人参湯当帰四逆加呉茱萸湯:冷え性、下痢、お腹が張る

◎体力はふつう(中間証)
五積散:下半身が冷えて、上半身がのぼせる。悪心、嘔吐
桂枝茯苓丸:唇が暗紫色で、肌荒れ、月経不順
五苓散:口渇、尿量減少、むくみ
釣藤散:めまい、肩こり、耳鳴り、不安

◎体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)
黄連解毒湯:顔色赤い、のぼせ、イライラ、不眠
葛根湯升麻葛根湯:肩や頸筋のこり

【運龍堂の実際の運用例】
漢方からの視点から見た頭痛の原因は様々で、例えば血流悪化や
水分代謝の悪化が関与することが多いです。

傾向としては、時間帯によって、あまり症状が悪化しない場合は、血流悪化が
絡んでいることが多く、湿度が高い場合や朝に悪化しやすい場合は、水分代謝の
悪化が絡んでいることが多いです。

また最近は、血の不足(漢方で言うとことの血虚:けっきょ)が原因となっている
場合が非常に増えています。

これは、スマホの普及が原因だと言われています。スマホの過剰な使用によって、
血を消耗しすぎて、血虚となります。その結果、頭痛が起きてしまうのです。
事実、血を強力に補う牛黄鹿茸、鹿角、亀板を活用することで、
頭痛の症状が改善する場合が増えています。

今後の頭痛の対策として、血虚対策が重要になっていると思います。