気が散るときに使う漢方

気が散るときに使う漢方

何かに集中したいけど頭が疲れて集中できないときに役立つ素材をご紹介します。羚羊角 (れいようかく)というサイガレイヨウの角を粉末にしたもので、鎮静作用により神経の緊張を和らげる働きがあります。

この生薬(しょうやく)は「頭の換気扇」と呼ばれていて、いわゆる気が散って集中できないときに不安や寝不足などで溜まった頭の疲れを追い出してくれます。

これから受験や資格試験、会社であれば年末に向けてたくさん頭を使う時期になるかと思います。限りある時間とエネルギーを効果的に使うために集中できる環境作りに加えて脳内環境作りにお役立てください。

実際に使用するときには健脳生薬といわれる他の素材と併用することが多いです。

漢方から見た「脳の働き」は実は「腎」の領域が重要です。そこで頭をしっかり働かせるためには脳の栄養となる「腎精(じんせい)」を養う食材や生薬がおすすめです。

おすすめ食材は「栗」です。消化吸収機能をつけながら身体を穏やかに温めてくれます。

脳の栄養不足は集中力の低下だけにとどまらず、物忘れ、認知症にも関係しています。

加齢とともにこれらの機能が衰えてくるのも腎精が関わっているためです。

腎精を最も強力に補う働きがあるのは鹿茸(ろくじょう)という鹿の幼角です。
身体を温める働きのほか、加齢に伴う様々な不調に用いることで改善が期待できます。

羚羊角で溜まった頭の疲れを取り除き、身体の衰えからくる集中力の低下などは鹿茸でしっかり補っていくことが大切です。

羚羊角 (れいようかく)
鹿茸(ろくじょう)

漢方薬カテゴリの最新記事