2020/10/21

うつ病の正しい対策とは!

【うつ病の正しい対策とは!】

うつ・不眠・不安など、これらの原因には、脳血流の低下が大きく関わっています。
したがって、脳血流を確保することが、正しい対策となります!




最近よく耳にする「副腎疲労」も結果的に脳血流の低下を引き起こしているのです。


ストレスがかかると、まずは副腎からホルモンが出て、戦闘モードになります。

これは、生きていく上で、必要な仕組みです。


戦闘モードになると、筋肉へ血液が集中して、体を活発に動かせるようになります。

精神的に高まって時は、空腹感が減っているはずです。


問題は、ストレスが継続した場合です。
すると、常に戦闘モードが続きます。

その結果、体は疲弊して、慢性疲労となります。
この時、副腎もホルモンを出し続けて、バランスが崩れます。
いわゆる「副腎疲労」に突入します。


さらに問題なのは、筋肉に血液を集中させることで、脳血流が低下してしまうことです。

そして、不安、不眠、物忘れなど、精神的な問題が引き起こされてしまうのです。


したがって、漢方では、
・ストレスの影響の軽減:自律神経の調整(気の巡り改善)
・副腎の保護:補腎薬
・脳血流の確保:血流改善(血の巡り)
が主な対策となってきます。


ストレスの軽減では、麝香(ジャコウ)や羚羊角(レイヨウカク)、牡蠣肉などが主に使われます。


副腎の保護として使用する補腎薬は、様々ですが、その代表格が
鹿の角である鹿茸(ロクジョウ)という生薬です。
アンチエイジングの代表格としても有名です。


脳血流の確保として、血流を改善する漢方・生薬はたくさんあります。
強力なものとしては、ヒル・ミミズなど、ちょっとびっくりするようなものがあります。

また、朝鮮人参、熊笹、松葉の組み合わせは、脳血流を改善することが
知られているので、こちらの組み合わせも汎用しています。


どの対策を優先すべきかは、他の症状や体質から判断していくことになります。


いずれにしても重要なのは、
ストレス→副腎疲労→脳血流の低下→ストレスに弱くなる という流れは、
肉体疲労と精神疲労の両方をもたらしてしまいます。

効率良く、この悪循環を断ち切る必要があります。

2020/10/21

うつ病の正しい対策とは!

【うつ病の正しい対策とは!】

うつ・不眠・不安など、これらの原因には、脳血流の低下が大きく関わっています。
したがって、脳血流を確保することが、正しい対策となります!




最近よく耳にする「副腎疲労」も結果的に脳血流の低下を引き起こしているのです。


ストレスがかかると、まずは副腎からホルモンが出て、戦闘モードになります。

これは、生きていく上で、必要な仕組みです。


戦闘モードになると、筋肉へ血液が集中して、体を活発に動かせるようになります。

精神的に高まって時は、空腹感が減っているはずです。


問題は、ストレスが継続した場合です。
すると、常に戦闘モードが続きます。

その結果、体は疲弊して、慢性疲労となります。
この時、副腎もホルモンを出し続けて、バランスが崩れます。
いわゆる「副腎疲労」に突入します。


さらに問題なのは、筋肉に血液を集中させることで、脳血流が低下してしまうことです。

そして、不安、不眠、物忘れなど、精神的な問題が引き起こされてしまうのです。


したがって、漢方では、
・ストレスの影響の軽減:自律神経の調整(気の巡り改善)
・副腎の保護:補腎薬
・脳血流の確保:血流改善(血の巡り)
が主な対策となってきます。


ストレスの軽減では、麝香(ジャコウ)や羚羊角(レイヨウカク)、牡蠣肉などが主に使われます。


副腎の保護として使用する補腎薬は、様々ですが、その代表格が
鹿の角である鹿茸(ロクジョウ)という生薬です。
アンチエイジングの代表格としても有名です。


脳血流の確保として、血流を改善する漢方・生薬はたくさんあります。
強力なものとしては、ヒル・ミミズなど、ちょっとびっくりするようなものがあります。

また、朝鮮人参、熊笹、松葉の組み合わせは、脳血流を改善することが
知られているので、こちらの組み合わせも汎用しています。


どの対策を優先すべきかは、他の症状や体質から判断していくことになります。


いずれにしても重要なのは、
ストレス→副腎疲労→脳血流の低下→ストレスに弱くなる という流れは、
肉体疲労と精神疲労の両方をもたらしてしまいます。

効率良く、この悪循環を断ち切る必要があります。