2020/04/08

田七人参のすべて

健康効果抜群の田七人参について詳しく解説しております。

抗ウイルス作用も知られている注目の人参です。

田七人参のすべて

田七人参のすべて

<主な特徴>
田七人参は、中国南西部雲南省を原産地とするウコギ科の多年草で、”金不換”(お金では買えないもの)といわれるほど生薬の中でも最高級の秘薬とされてきました。種まきから収穫までに3年から7年もかかるため、三七人参とも呼ばれています。朝鮮人参の10倍ものサポニンが含まれることから、人参の王様と言われています。その他、フラボノイド・有機ゲルマニウム・鉄分などを多く含んでいます。


<効能・効果>
抗ウィルス作用、抗ガン作用、血管強化作用、免疫調整作用、血行促進作用、慢性肝炎、肝機能障害、肝硬変、肝斑、糖尿病、本態性抗血圧、抗ガン、便秘、ダイエット、痔、水虫、胃・十二指腸潰瘍、 関節痛・慢性関節リウマチ、止血など
これだけでもかなりの効能が知られていることがわかります。


<形状・栽培>
形状は、他の人参のように細長でなく、ずんぐりしていて長さは5センチ程度です。 田七人参は平地では育ちにくく、ほとんどが標高1000メートル前後の高地の傾斜地で栽培されます。


<特権階級に愛用されてきた歴史>
中国では古代から鎮痛、抗菌、止血、活血、抗腫瘍(がん)作用があるとされ、打撲や座礁の血止めや産後の滋養強壮にも使われてきました。しかし、非常に高価であり、それを口に出来るのは、特権階級や貴族などに限られて珍重されていました。


<現代での使われ方も様々>
現代では、降圧作用、鎮痛作用、中枢神経の鎮静、興奮バランス、免疫力の増強、疲労回復、タンパク質・核酸の合成促進、神経細胞の活性化といった多様な作用が確認されています。


<栄養剤としての役目も>
田七人参には、豊富な栄養分が含まれており、タンパク質、ナトリウム、食物繊維の含有量は多いです。さらに亜鉛、カルシウム、有機ゲルマニウムも豊富です。これらの栄養素の多くは現代の食生活では充分に摂取できないものなので、田七人参は栄養剤としての存在価値も高いです。


<漢方のインターフェロンとも呼ばれる「片仔廣(へんしこう)」の主要成分>
田七人参には、高麗人参の10倍以上のサポニン成分が含まれています。サポニン成分には、細胞分裂を活発化させる作用があります。また肝臓や血液の代謝が良くなることで、疲労回復を早めたり、アンチエイジング効果や美肌効果、ダイエット効果などを期待できます。


田七人参は漢方のインターフェロンとも呼ばれる「片仔廣」の主要成分であり、肝臓疾患やその予防に特に著効と言われ注目を集めています。肝細胞活性作用、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変ならびに肝癌の予防作用といった、肝臓疾患といえば田七人参の粉末剤が処方されるほど、肝機能改善効果が認知されているのです。(実験的にも肝障害を発症させたマウスに田七人参を与えたところ、GOT、GPTのどちらの数値も正常値に近くなることが報告されています。)


脂肪肝や肝硬変に悩む人も中国では増えており、田七人参系の漢方薬の人気が高まっています。

ちなみにインターフェロンとはウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをするサイトカインの一種のことを言います。サイトカインとは細胞から分泌される低分子のタンパク質で生理活性物質の総称のことをいいます。


<循環器系の改善にも>
田七人参は毛細血管を拡張させる作用があるため、動脈硬化の改善にもつながります。また血圧が高い方は血圧の低下が期待される一方、血圧が低い方は心臓のポンプ機能が低下しており、田七人参の毛細血管の拡張によって心臓の負担が和らぎます。


すなわち血圧の高め、低めの両方に応用できます。さらに、田七人参には冠状動脈の血流を増やす性質もありますから、それが心筋の酸素消費量を減らす(心臓の負担を減らす)ことにつながります。結果として心機能が向上していきます。この性質は心筋梗塞の予防にもつながります。また、田七人参の強い止血作用によって脳卒中(脳梗塞や脳出血)の予防や改善が可能になります。


また、肝機能の改善にも良いのが特徴で、これは田七人参の効能のひとつである“脂質合成と分解の促進”が、肝機能の正常化につながるからだと言われています。肝臓疾患の要因で大きなものは、過度の飲酒です。田七人参で肝機能の回復が見込めるのは、お酒が大好きな人には朗報でしょう。

2020/04/08

田七人参のすべて

健康効果抜群の田七人参について詳しく解説しております。

抗ウイルス作用も知られている注目の人参です。

田七人参のすべて

田七人参のすべて

<主な特徴>
田七人参は、中国南西部雲南省を原産地とするウコギ科の多年草で、”金不換”(お金では買えないもの)といわれるほど生薬の中でも最高級の秘薬とされてきました。種まきから収穫までに3年から7年もかかるため、三七人参とも呼ばれています。朝鮮人参の10倍ものサポニンが含まれることから、人参の王様と言われています。その他、フラボノイド・有機ゲルマニウム・鉄分などを多く含んでいます。


<効能・効果>
抗ウィルス作用、抗ガン作用、血管強化作用、免疫調整作用、血行促進作用、慢性肝炎、肝機能障害、肝硬変、肝斑、糖尿病、本態性抗血圧、抗ガン、便秘、ダイエット、痔、水虫、胃・十二指腸潰瘍、 関節痛・慢性関節リウマチ、止血など
これだけでもかなりの効能が知られていることがわかります。


<形状・栽培>
形状は、他の人参のように細長でなく、ずんぐりしていて長さは5センチ程度です。 田七人参は平地では育ちにくく、ほとんどが標高1000メートル前後の高地の傾斜地で栽培されます。


<特権階級に愛用されてきた歴史>
中国では古代から鎮痛、抗菌、止血、活血、抗腫瘍(がん)作用があるとされ、打撲や座礁の血止めや産後の滋養強壮にも使われてきました。しかし、非常に高価であり、それを口に出来るのは、特権階級や貴族などに限られて珍重されていました。


<現代での使われ方も様々>
現代では、降圧作用、鎮痛作用、中枢神経の鎮静、興奮バランス、免疫力の増強、疲労回復、タンパク質・核酸の合成促進、神経細胞の活性化といった多様な作用が確認されています。


<栄養剤としての役目も>
田七人参には、豊富な栄養分が含まれており、タンパク質、ナトリウム、食物繊維の含有量は多いです。さらに亜鉛、カルシウム、有機ゲルマニウムも豊富です。これらの栄養素の多くは現代の食生活では充分に摂取できないものなので、田七人参は栄養剤としての存在価値も高いです。


<漢方のインターフェロンとも呼ばれる「片仔廣(へんしこう)」の主要成分>
田七人参には、高麗人参の10倍以上のサポニン成分が含まれています。サポニン成分には、細胞分裂を活発化させる作用があります。また肝臓や血液の代謝が良くなることで、疲労回復を早めたり、アンチエイジング効果や美肌効果、ダイエット効果などを期待できます。


田七人参は漢方のインターフェロンとも呼ばれる「片仔廣」の主要成分であり、肝臓疾患やその予防に特に著効と言われ注目を集めています。肝細胞活性作用、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変ならびに肝癌の予防作用といった、肝臓疾患といえば田七人参の粉末剤が処方されるほど、肝機能改善効果が認知されているのです。(実験的にも肝障害を発症させたマウスに田七人参を与えたところ、GOT、GPTのどちらの数値も正常値に近くなることが報告されています。)


脂肪肝や肝硬変に悩む人も中国では増えており、田七人参系の漢方薬の人気が高まっています。

ちなみにインターフェロンとはウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをするサイトカインの一種のことを言います。サイトカインとは細胞から分泌される低分子のタンパク質で生理活性物質の総称のことをいいます。


<循環器系の改善にも>
田七人参は毛細血管を拡張させる作用があるため、動脈硬化の改善にもつながります。また血圧が高い方は血圧の低下が期待される一方、血圧が低い方は心臓のポンプ機能が低下しており、田七人参の毛細血管の拡張によって心臓の負担が和らぎます。


すなわち血圧の高め、低めの両方に応用できます。さらに、田七人参には冠状動脈の血流を増やす性質もありますから、それが心筋の酸素消費量を減らす(心臓の負担を減らす)ことにつながります。結果として心機能が向上していきます。この性質は心筋梗塞の予防にもつながります。また、田七人参の強い止血作用によって脳卒中(脳梗塞や脳出血)の予防や改善が可能になります。


また、肝機能の改善にも良いのが特徴で、これは田七人参の効能のひとつである“脂質合成と分解の促進”が、肝機能の正常化につながるからだと言われています。肝臓疾患の要因で大きなものは、過度の飲酒です。田七人参で肝機能の回復が見込めるのは、お酒が大好きな人には朗報でしょう。