2021/05/12

大人の粉ミルク(救心製薬)

大人の粉ミルク(救心製薬は、成人向けの粉ミルクで、
まさに「おとなに必要な栄養素に着目して考え、作られた商品」です。
そのため、赤ちゃん用の粉ミルクとは成分が異なります。

商品間での成分の違いなどはありますが、いずれも子供の発育のためではなく、
大人の健康維持に役立てることを目的とされています。
救心が一番早く発売しているため、名前もストレートに「大人の粉ミルク」となっています。
「大人の粉ミルク」の味はさわやかで飲みやすいヨーグルト風味です。)

新生児用の粉ミルクはそれだけで成長に必要な栄養すべてを取るものなので、
脂質が多くてカロリーも高くなるようにつくられています。大人が取りすぎると
栄養過多になることもあるので、現在「赤ちゃん用の粉ミルク」を
飲んでいる方は飲みすぎになっていないか注意しましょう。

一方、「大人の粉ミルク」はあくまで大人が不足しがちな栄養を
重視して補う配合にしてあります。

長寿国、日本と評価されている中で、医療費や介護費の問題で
よく出てくる言葉が「健康寿命」です。

厚労省の調べによると男性で平均9.13年、女性で12.68年、
支援や介護が必要な期間になっています。
この年数を自分一人では生活できないということです。

健康寿命を延ばすために必要なのが、食事と運動ですが、
はたして皆さんは必要なものをきちんと補えていますでしょうか?

特に女性は長生きですが、骨粗しょう症などの不安があります。

40歳を過ぎる頃から骨量はゆるやかに減り始め、特に閉経後ともなると
破骨細胞の働きを抑えていた女性ホルモンが激減します。

骨は代謝が活発で、骨を壊しては作り変えるというサイクルを繰り返しています。
この時に骨を壊すのが破骨細胞で、骨を丈夫に作り直すのが骨芽細胞です。
このバランスの中でエストロゲンの激減により破骨細胞の働きが
大きくなると壊されるスピードの方が上回り、骨が弱くなっていきます。

そこで骨を丈夫に維持するために骨の形成に関わるカルシウムやコラーゲン、
ビタミンD、葉酸などの積極的な摂取が大切になってきます。

筋肉に関しても、40代頃から衰え始め、65歳を超えると約2割の人が
年に1回以上転倒するという話もあります。

筋力が落ちるとつまずきやすくなったり、それをきっかけに転倒すると
骨折につながってしまいます。

骨と筋肉のための栄養成分をしっかり摂って毎日を
いきいきと過ごしていただきたいと思います。

そこで役に立つのが「大人の粉ミルク」です。

不足しがちな栄養をきちんと補うことで、健康面から
「QOL(生活の質)」を高く維持することが可能になります。

自分の足でしっかり歩けたら好きなところにも行けますし、
運動もできればますます健康維持に役立ちます。

では、大人の粉ミルクがおすすめな方はどのような方でしょう?

以下にチェック項目を用意したのでぜひチェックしてみてください。

・片脚立ちで靴下がはけない
・家の中でつまずいたり滑ったりする
・階段を上るのに手すりが必要
・2kg程度の買い物をして持ち帰るのが大変(牛乳パック2本程度)

本来、あてはまるものが出ないように予防として飲むのが良いですが、
すでにあてはまっているものがある方はできるだけ項目を
クリアできるように食事・運動を見直しましょう。

では、ここからは「なぜ救心の大人の粉ミルクがおすすめなのか」、
成分などに注目していきたいと思います。

加齢とともに減少してくるのが筋肉と骨です。
これは体を動かす最も大切なものです。

「大人の粉ミルク」は特にこの2点を強化するのに役立ちます。

・ミライ80(ホエイたんぱく質)

牛乳から乳脂肪やカゼインなどを除いた水溶液です。
一番わかりやすい表現はヨーグルトのふたを開けたときにうっすらと浮かんでいる上澄み液です。

これが筋肉にすごくいいんです。
ジムで筋トレをしている人が飲んでいるプロテインもホエイなどが使われています。

ホエイの特徴としては必須アミノ酸を豊富に含み、牛乳や豆腐などの
たんぱく質に比べて吸収されやすく、筋肉になりやすいという点です。

ミライ80は乳糖を可能な限り除去していますので、
牛乳でおなかがゴロゴロする方にもおすすめです。
若いころと比べて消化吸収機能が低下しているシニア世代にピッタリの栄養素です。

・プロテタイト
プロテタイトは骨の構成成分のⅠ型コラーゲンとカルシウムなどの
ミネラルとの複合体です。あまり聞きなれないという方も多いかもしれません。
しかし、骨粗しょう症予防に薬理臨床でその効果が実証されています。

骨の強度でよく耳にするのが「骨密度」ですが、実は「骨質」というものも大切です
なぜなら骨の強さ(骨強度)は、骨の量(骨量、骨密度)と骨の質(骨質)で決まるからです。
プロテタイトはしっかりとした骨質と骨密度を作ってくれる注目素材なのです。

ちなみに、プロテタイトはナノサイズの結晶であり、水に溶けにくいカルシウム単体より
も腸管での吸収率が飛躍的に良くなります。

電子顕微鏡で確認できる画像によると、低分子コラーゲンにカルシウム、リン、
マグネシウムのミネラル成分が沈着結合して1つの物質になっている様子が観察されています。

・葉酸、ビタミンDなど
カルシウムの吸収を高めたり、骨の形成を助ける働きがあるビタミン類などでさらに骨筋をサポート。
これらの筋肉と骨を強化する注目の栄養素が「大人の粉ミルク」にはバランスよく含まれており、
皆様の健康の強い味方になると思います。

救心製薬の「大人のミルク」は国が制度を創設して表示を許可している
「栄養機能食品」で、雪印ビーンスタークの「プラチナミルク」、
森永乳業の「ミルク生活」は制度化されていない「栄養調整食品」に分類されていますので、
筋肉と骨に特化したミルクとしてはやはり「大人の粉ミルク」がおすすめです。

販売ページは、こちら

2021/05/12

大人の粉ミルク(救心製薬)

大人の粉ミルク(救心製薬は、成人向けの粉ミルクで、
まさに「おとなに必要な栄養素に着目して考え、作られた商品」です。
そのため、赤ちゃん用の粉ミルクとは成分が異なります。

商品間での成分の違いなどはありますが、いずれも子供の発育のためではなく、
大人の健康維持に役立てることを目的とされています。
救心が一番早く発売しているため、名前もストレートに「大人の粉ミルク」となっています。
「大人の粉ミルク」の味はさわやかで飲みやすいヨーグルト風味です。)

新生児用の粉ミルクはそれだけで成長に必要な栄養すべてを取るものなので、
脂質が多くてカロリーも高くなるようにつくられています。大人が取りすぎると
栄養過多になることもあるので、現在「赤ちゃん用の粉ミルク」を
飲んでいる方は飲みすぎになっていないか注意しましょう。

一方、「大人の粉ミルク」はあくまで大人が不足しがちな栄養を
重視して補う配合にしてあります。

長寿国、日本と評価されている中で、医療費や介護費の問題で
よく出てくる言葉が「健康寿命」です。

厚労省の調べによると男性で平均9.13年、女性で12.68年、
支援や介護が必要な期間になっています。
この年数を自分一人では生活できないということです。

健康寿命を延ばすために必要なのが、食事と運動ですが、
はたして皆さんは必要なものをきちんと補えていますでしょうか?

特に女性は長生きですが、骨粗しょう症などの不安があります。

40歳を過ぎる頃から骨量はゆるやかに減り始め、特に閉経後ともなると
破骨細胞の働きを抑えていた女性ホルモンが激減します。

骨は代謝が活発で、骨を壊しては作り変えるというサイクルを繰り返しています。
この時に骨を壊すのが破骨細胞で、骨を丈夫に作り直すのが骨芽細胞です。
このバランスの中でエストロゲンの激減により破骨細胞の働きが
大きくなると壊されるスピードの方が上回り、骨が弱くなっていきます。

そこで骨を丈夫に維持するために骨の形成に関わるカルシウムやコラーゲン、
ビタミンD、葉酸などの積極的な摂取が大切になってきます。

筋肉に関しても、40代頃から衰え始め、65歳を超えると約2割の人が
年に1回以上転倒するという話もあります。

筋力が落ちるとつまずきやすくなったり、それをきっかけに転倒すると
骨折につながってしまいます。

骨と筋肉のための栄養成分をしっかり摂って毎日を
いきいきと過ごしていただきたいと思います。

そこで役に立つのが「大人の粉ミルク」です。

不足しがちな栄養をきちんと補うことで、健康面から
「QOL(生活の質)」を高く維持することが可能になります。

自分の足でしっかり歩けたら好きなところにも行けますし、
運動もできればますます健康維持に役立ちます。

では、大人の粉ミルクがおすすめな方はどのような方でしょう?

以下にチェック項目を用意したのでぜひチェックしてみてください。

・片脚立ちで靴下がはけない
・家の中でつまずいたり滑ったりする
・階段を上るのに手すりが必要
・2kg程度の買い物をして持ち帰るのが大変(牛乳パック2本程度)

本来、あてはまるものが出ないように予防として飲むのが良いですが、
すでにあてはまっているものがある方はできるだけ項目を
クリアできるように食事・運動を見直しましょう。

では、ここからは「なぜ救心の大人の粉ミルクがおすすめなのか」、
成分などに注目していきたいと思います。

加齢とともに減少してくるのが筋肉と骨です。
これは体を動かす最も大切なものです。

「大人の粉ミルク」は特にこの2点を強化するのに役立ちます。

・ミライ80(ホエイたんぱく質)

牛乳から乳脂肪やカゼインなどを除いた水溶液です。
一番わかりやすい表現はヨーグルトのふたを開けたときにうっすらと浮かんでいる上澄み液です。

これが筋肉にすごくいいんです。
ジムで筋トレをしている人が飲んでいるプロテインもホエイなどが使われています。

ホエイの特徴としては必須アミノ酸を豊富に含み、牛乳や豆腐などの
たんぱく質に比べて吸収されやすく、筋肉になりやすいという点です。

ミライ80は乳糖を可能な限り除去していますので、
牛乳でおなかがゴロゴロする方にもおすすめです。
若いころと比べて消化吸収機能が低下しているシニア世代にピッタリの栄養素です。

・プロテタイト
プロテタイトは骨の構成成分のⅠ型コラーゲンとカルシウムなどの
ミネラルとの複合体です。あまり聞きなれないという方も多いかもしれません。
しかし、骨粗しょう症予防に薬理臨床でその効果が実証されています。

骨の強度でよく耳にするのが「骨密度」ですが、実は「骨質」というものも大切です
なぜなら骨の強さ(骨強度)は、骨の量(骨量、骨密度)と骨の質(骨質)で決まるからです。
プロテタイトはしっかりとした骨質と骨密度を作ってくれる注目素材なのです。

ちなみに、プロテタイトはナノサイズの結晶であり、水に溶けにくいカルシウム単体より
も腸管での吸収率が飛躍的に良くなります。

電子顕微鏡で確認できる画像によると、低分子コラーゲンにカルシウム、リン、
マグネシウムのミネラル成分が沈着結合して1つの物質になっている様子が観察されています。

・葉酸、ビタミンDなど
カルシウムの吸収を高めたり、骨の形成を助ける働きがあるビタミン類などでさらに骨筋をサポート。
これらの筋肉と骨を強化する注目の栄養素が「大人の粉ミルク」にはバランスよく含まれており、
皆様の健康の強い味方になると思います。

救心製薬の「大人のミルク」は国が制度を創設して表示を許可している
「栄養機能食品」で、雪印ビーンスタークの「プラチナミルク」、
森永乳業の「ミルク生活」は制度化されていない「栄養調整食品」に分類されていますので、
筋肉と骨に特化したミルクとしてはやはり「大人の粉ミルク」がおすすめです。

販売ページは、こちら