2021/07/23

五浄心(ごじょうしん)

 五浄心(ごじょうしん)は、中国やヨーロッパで古来より健康の源とされてきた寛水蛭を始めたとして、血の流れに良いとされる灯盞細辛(とうさんさいしん)、田七(でんしち)が配合されています。働き盛りの方やシルバーエイジの方に自信を持っておすすめできる健康食品です。

・寛水蛭(かんすいてつ)<ヒルド科>
ビタミンB6や水蛭素と呼ばれるポリペプチドをはじめ、各種アミノ酸を含んでいます。無毒で副作用なく、最も安全で有効な体内循環の天然生薬といわれ中国やヨーロッパの人々の間では昔から、血液の流れをよくして血管の若さを保つのに最適であることから、広く食材として使用されてきています。近年では糖尿病やメタボリックにも有効との臨床結果が発表されています。

・灯盞細辛(とうさんさいしん)<キク科>
灯盞花ともいい、主成分は植物ステロール、乳糖、配糖体型タンニン酸、カテコール、アミノ酸、糖など。雲南の原始林に自生している植物で、その地の少数民族の間では代々、健康維持を目的として日常生活に取り入れています。

・田七人参(でんしちにんじん)<ウコギ科>
主として雲南省で産するもので、中国では古来より王侯貴族の間で重宝なものとされており、その貴重さから「金不換」といわれています。 栄養成分には有機ゲルマニウムや15種類のサポニン、フラボノイド、アミノ酸、鉄分、ビタミンA・B群、繊維、カルシウムなどをバランスよく含んでいます。

・莪朮(かじゅつ)<ショウガ科>
産地としては中国広西省に最も多く、シネオール、セスキテルペノール、カフェインなどを含み、精油やサポニン配糖体などを含有します。 現地の人達の間では脂肪燃焼の食材として広く知られています。

・紅花(べになな)<キク科>
花の成分はカーサミン、サフロールイエローで、その他粘液質などを含みます。 日本では種から取れる良質な油(ベニバナ油)で知られていますが、中国では昔から血の巡りを良くする目的で利用されてきました。

このような方にお勧めです。
●温めると改善するような痛みをお持ちの方。
●静脈瘤をお持ちの方
●生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫などの症状がある方。
●腰痛、座骨神経痛などをお持ちの方。
●ニキビ痕、シミ、外傷後の色素沈着が残った皮膚のトラブルなどがある方。

2021/07/23

五浄心(ごじょうしん)

 五浄心(ごじょうしん)は、中国やヨーロッパで古来より健康の源とされてきた寛水蛭を始めたとして、血の流れに良いとされる灯盞細辛(とうさんさいしん)、田七(でんしち)が配合されています。働き盛りの方やシルバーエイジの方に自信を持っておすすめできる健康食品です。

・寛水蛭(かんすいてつ)<ヒルド科>
ビタミンB6や水蛭素と呼ばれるポリペプチドをはじめ、各種アミノ酸を含んでいます。無毒で副作用なく、最も安全で有効な体内循環の天然生薬といわれ中国やヨーロッパの人々の間では昔から、血液の流れをよくして血管の若さを保つのに最適であることから、広く食材として使用されてきています。近年では糖尿病やメタボリックにも有効との臨床結果が発表されています。

・灯盞細辛(とうさんさいしん)<キク科>
灯盞花ともいい、主成分は植物ステロール、乳糖、配糖体型タンニン酸、カテコール、アミノ酸、糖など。雲南の原始林に自生している植物で、その地の少数民族の間では代々、健康維持を目的として日常生活に取り入れています。

・田七人参(でんしちにんじん)<ウコギ科>
主として雲南省で産するもので、中国では古来より王侯貴族の間で重宝なものとされており、その貴重さから「金不換」といわれています。 栄養成分には有機ゲルマニウムや15種類のサポニン、フラボノイド、アミノ酸、鉄分、ビタミンA・B群、繊維、カルシウムなどをバランスよく含んでいます。

・莪朮(かじゅつ)<ショウガ科>
産地としては中国広西省に最も多く、シネオール、セスキテルペノール、カフェインなどを含み、精油やサポニン配糖体などを含有します。 現地の人達の間では脂肪燃焼の食材として広く知られています。

・紅花(べになな)<キク科>
花の成分はカーサミン、サフロールイエローで、その他粘液質などを含みます。 日本では種から取れる良質な油(ベニバナ油)で知られていますが、中国では昔から血の巡りを良くする目的で利用されてきました。

このような方にお勧めです。
●温めると改善するような痛みをお持ちの方。
●静脈瘤をお持ちの方
●生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫などの症状がある方。
●腰痛、座骨神経痛などをお持ちの方。
●ニキビ痕、シミ、外傷後の色素沈着が残った皮膚のトラブルなどがある方。