2021/05/05

気管支炎

急性の気管支炎は、気管や気管支に一過性の治り易い炎症がおこるもので、
激しい咳や膿の混じった痰が見られる。多くの場合、かぜが引き金となっておこる。
また慢性気管支炎は、ほかに肺や気管支の病気がないのに慢性的に痰や咳が続くもので、
急性気管支炎が慢性化したものと、最初から慢性気管支炎の形をとるケースが見られる。

急性気管支炎では、抗生物質を主体にした西洋医学的な治療を行い、
漢方は補助的に投与する。抗生物質と漢方薬の併用療法は効果的で、両者は
互いの効果を高め合う組み合わせである。

慢性気管支炎の場合は、西洋医学では決め手となる治療法が少なく、
漢方治療が大きな役割を果たす事が多い。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
・苓甘姜味辛夏仁湯:水溶性痰と咳。水溶性鼻汁、疲労感
・麻黄附子細辛湯:乾咳、虚弱体質、悪寒、喉の痛み、多尿
・麦門冬湯:多量の膿性痰と激しい咳、疲れ易い。急性での抗生物質との併用

◎体力はふつう(中間証)
・清肺湯:多量の膿性痰と咳。喉の痛み、声枯れ
・小青竜湯:水溶性痰と咳。喘鳴、倦怠感、発熱
・桂枝茯苓丸:唇が暗紫色で、肌荒れ、むくみがある
・神秘湯、柴陥湯:乾咳、咳や喘鳴で呼吸困難
・柴胡桂枝湯:急性での抗生物質との併用

◎体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)
・柴苓湯:水溶性痰と咳。神経質、喉の違和感。急性での抗生物質との併用
・四逆散:慢性痰と咳。不安、不眠、胸脇苦満感
・麻杏甘石湯:主に小児の激しい乾咳、口渇、頭部発汗

2021/05/05

気管支炎

急性の気管支炎は、気管や気管支に一過性の治り易い炎症がおこるもので、
激しい咳や膿の混じった痰が見られる。多くの場合、かぜが引き金となっておこる。
また慢性気管支炎は、ほかに肺や気管支の病気がないのに慢性的に痰や咳が続くもので、
急性気管支炎が慢性化したものと、最初から慢性気管支炎の形をとるケースが見られる。

急性気管支炎では、抗生物質を主体にした西洋医学的な治療を行い、
漢方は補助的に投与する。抗生物質と漢方薬の併用療法は効果的で、両者は
互いの効果を高め合う組み合わせである。

慢性気管支炎の場合は、西洋医学では決め手となる治療法が少なく、
漢方治療が大きな役割を果たす事が多い。

◎体力がない、胃腸も弱い(虚証)
・苓甘姜味辛夏仁湯:水溶性痰と咳。水溶性鼻汁、疲労感
・麻黄附子細辛湯:乾咳、虚弱体質、悪寒、喉の痛み、多尿
・麦門冬湯:多量の膿性痰と激しい咳、疲れ易い。急性での抗生物質との併用

◎体力はふつう(中間証)
・清肺湯:多量の膿性痰と咳。喉の痛み、声枯れ
・小青竜湯:水溶性痰と咳。喘鳴、倦怠感、発熱
・桂枝茯苓丸:唇が暗紫色で、肌荒れ、むくみがある
・神秘湯、柴陥湯:乾咳、咳や喘鳴で呼吸困難
・柴胡桂枝湯:急性での抗生物質との併用

◎体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)
・柴苓湯:水溶性痰と咳。神経質、喉の違和感。急性での抗生物質との併用
・四逆散:慢性痰と咳。不安、不眠、胸脇苦満感
・麻杏甘石湯:主に小児の激しい乾咳、口渇、頭部発汗