【イライラ・不眠を改善する生薬】

漢方は、イライラ・不眠など、精神的な症状に対しても、大きな効果を発揮します。

しかも、鎮静作用に加えて、脳血流の改善や神経成長因子(NGF)脳由来神経栄養因子(BDNF)の産生促進などを通じて、脳の働きを良くするものが多数あります。
(精神症状に良く、かつ体にも良い!!)

従って、精神的な症状にも、西洋薬だけではなく、漢方も選択肢に入れてことをお勧めします。

例えば、このような生薬があります。

◎羚羊角(レイヨウカク)
ウシ科サイガレイヨウの角を粉末にしたもので、ケラチン(角質たんぱく)、リン酸カルシウムなどを含みます。中国最古の薬物書『神農本草経』(しんのうほんぞうきょう)に収載されており、鎮静作用、血圧降下作用、抗炎症作用、解熱作用などのほか、NGF・BDNF産生促進作用が認められています。

◎沈香(ジンコウ)
ジンチョウゲ科ジンコウの材部のうち、とくに黒色の樹脂が沈着したもので、ベンジルアセトンなどを含みます。『名医別録』(めいいべつろく)に収載されており、鎮静作用、鎮痙作用、健胃作用などがあり、消化不良や胃腸虚弱に用いられるほか、NGF・BDNF産生促進作用が認められています。

◎遠志(オンジ)
ヒメハギ科イトヒメハギの根あるいは根皮を乾燥したもので、サポニン配糖体などを含みます。『神農本草経』に収載されており、鎮静作用、抗炎症作用などのほか、NGF・BDNF産生促進作用が認められています。

◎サフラン
アヤメ科サフランの花柱上部および柱頭で、クロシンやアデノシンなどを含みます。鎮静作用、鎮痙作用などがあり、婦人用薬として冷え症や血色不良に用いられるほか、記憶障害抑制作用や血小板凝集抑制作用が認められています。



健康・漢方のご相談は、こちらより。

【イライラ・不眠を改善する生薬】

漢方は、イライラ・不眠など、精神的な症状に対しても、大きな効果を発揮します。

しかも、鎮静作用に加えて、脳血流の改善や神経成長因子(NGF)脳由来神経栄養因子(BDNF)の産生促進などを通じて、脳の働きを良くするものが多数あります。
(精神症状に良く、かつ体にも良い!!)

従って、精神的な症状にも、西洋薬だけではなく、漢方も選択肢に入れてことをお勧めします。

例えば、このような生薬があります。

◎羚羊角(レイヨウカク)
ウシ科サイガレイヨウの角を粉末にしたもので、ケラチン(角質たんぱく)、リン酸カルシウムなどを含みます。中国最古の薬物書『神農本草経』(しんのうほんぞうきょう)に収載されており、鎮静作用、血圧降下作用、抗炎症作用、解熱作用などのほか、NGF・BDNF産生促進作用が認められています。

◎沈香(ジンコウ)
ジンチョウゲ科ジンコウの材部のうち、とくに黒色の樹脂が沈着したもので、ベンジルアセトンなどを含みます。『名医別録』(めいいべつろく)に収載されており、鎮静作用、鎮痙作用、健胃作用などがあり、消化不良や胃腸虚弱に用いられるほか、NGF・BDNF産生促進作用が認められています。

◎遠志(オンジ)
ヒメハギ科イトヒメハギの根あるいは根皮を乾燥したもので、サポニン配糖体などを含みます。『神農本草経』に収載されており、鎮静作用、抗炎症作用などのほか、NGF・BDNF産生促進作用が認められています。

◎サフラン
アヤメ科サフランの花柱上部および柱頭で、クロシンやアデノシンなどを含みます。鎮静作用、鎮痙作用などがあり、婦人用薬として冷え症や血色不良に用いられるほか、記憶障害抑制作用や血小板凝集抑制作用が認められています。



健康・漢方のご相談は、こちらより。