今こそ、活用したい!免疫力をあげる動物性生薬

免疫を整えるのに、お勧めのものをよく聞かれますが、今こそ、即効性があり、かつ強力な動物性生薬をお勧めします。中でも、牛の胆石である牛黄(ごおう)と鹿の角である鹿茸(ろくじょう)がお勧めです。

【免疫を整え、ウイルス対策となる生薬:牛黄(ごおう)】
牛黄は、胆のう中に生じた結石です。10万頭あたり1キログラムしか取れないため、非常に貴重です。

※ウイルスの不活性化作用を持っている。
(増殖を抑える)

※免疫を調整する。
・ストレスなどで免疫能が低下した場合は、活性化する
・反対に免疫能が異常に亢進した場合は、正常に戻す。

※ウイルス感染後の肺炎を予防する。
・ウイルス感染後の肺炎に、NADPH酸化酵素の活性化が関与するが、牛黄は、NADPH酸化酵素の活性を抑える。  (マウスの実験で、ウイルス感染による死亡と肺の炎症が低下)

※心臓と肝臓の機能を改善する。


(牛黄:ごおう)

 

【免疫を整え、ウイルス対策となる生薬:鹿茸(ろくじょう)】
鹿茸は、雄鹿のまだ角化していない幼角(袋角)を乾燥したもの。長寿のお薬の代表格です。

※組織を活性化する。
・ホルモン・神経・免疫系の働きを良くする。


※免疫を調整する。
・抗体の産生を増強する。また補体を活性化する。
・免疫複合体の除去能を促進する。

※気道の炎症を予防する。
・気道組織の炎症の指標の一つである血管透過性亢進を抑制する。

※腎臓を保護する。


(鹿茸:ろくじょう)

その他にも、活用できる生薬・漢方が多数あります。
どれがベストかは、個人個人で変わりますので、ぜひご相談ください。

今こそ、活用したい!免疫力をあげる動物性生薬

免疫を整えるのに、お勧めのものをよく聞かれますが、今こそ、即効性があり、かつ強力な動物性生薬をお勧めします。中でも、牛の胆石である牛黄(ごおう)と鹿の角である鹿茸(ろくじょう)がお勧めです。

【免疫を整え、ウイルス対策となる生薬:牛黄(ごおう)】
牛黄は、胆のう中に生じた結石です。10万頭あたり1キログラムしか取れないため、非常に貴重です。

※ウイルスの不活性化作用を持っている。
(増殖を抑える)

※免疫を調整する。
・ストレスなどで免疫能が低下した場合は、活性化する
・反対に免疫能が異常に亢進した場合は、正常に戻す。

※ウイルス感染後の肺炎を予防する。
・ウイルス感染後の肺炎に、NADPH酸化酵素の活性化が関与するが、牛黄は、NADPH酸化酵素の活性を抑える。  (マウスの実験で、ウイルス感染による死亡と肺の炎症が低下)

※心臓と肝臓の機能を改善する。


(牛黄:ごおう)

 

【免疫を整え、ウイルス対策となる生薬:鹿茸(ろくじょう)】
鹿茸は、雄鹿のまだ角化していない幼角(袋角)を乾燥したもの。長寿のお薬の代表格です。

※組織を活性化する。
・ホルモン・神経・免疫系の働きを良くする。


※免疫を調整する。
・抗体の産生を増強する。また補体を活性化する。
・免疫複合体の除去能を促進する。

※気道の炎症を予防する。
・気道組織の炎症の指標の一つである血管透過性亢進を抑制する。

※腎臓を保護する。


(鹿茸:ろくじょう)

その他にも、活用できる生薬・漢方が多数あります。
どれがベストかは、個人個人で変わりますので、ぜひご相談ください。