世界初!疲れを軽減する牡蠣由来成分のゼリー【機能性表示食品】が発売されました!

何時間寝ても、いくら休んでも、栄養のある食事をしても、なかなか取れない疲れはありませんか。

そんな疲れたあなたには世界一厳しいとされる日本の消費者庁のお墨付き、疲労を軽減するディーバゼリーがおすすめです。

疲れは未病(病気の手前)の最たるものです。

疲れが見られたらすぐに取り除くことが病気にならないため、毎日を充実して過ごすために必要です。

慢性的に疲れている現代人に嬉しい成分がDHMBA(ディーバ)です。
ディーバはその疲れを除く力に優れているだけでなく安全であることも魅力です。

まずは勘違いされがちな「疲労」について解説します。
疲労と聞くと、乳酸というワードが出てくる方もいるかもしれません。
現役のアスリートでも乳酸が疲労物質であると思っている方もいるくらいです。

実は乳酸は糖分(グリコーゲン)を分解する過程でできるエネルギー源であり、老廃物でも疲労物質でもありません。

では疲れの原因は何かというと、「活性酸素の溜まりすぎ」です。
活性酸素の溜まりすぎによってエネルギーを作れなくなってしまい、疲労に繋がります。

活性酸素を除く物質が抗酸化物質です。ディーバもこの抗酸化物質の一つです。

しかし、抗酸化物質と言ってもたくさんの成分があり、コーヒーに含まれるクロロゲン酸やポリフェノールの一種であるロスマリン酸、トマトに含まれるリコピン、ウコンに含まれるクルクミンなども抗酸化物質です。

ではディーバはその中でも何が違うのか、どこが優れているのか、なぜディーバゼリーは機能性を取れたのか。

理由は優れた効き目と安全性です。

まず、疲れを除くパワー(効き目)はクロロゲン酸の約6倍以上です。
そして、細胞に与える毒性を調べた結果、ウコンに含まれるクルクミンやトマトに含まれるリコピンなどと比べても5倍近い安全性が確認されました。

ディーバが疲れを除くのに優れている理由は抗酸化力だけではありません。

ディーバが持つ「両親媒性(りょうしんばいせい)」という性質です。

これは水にも油にも溶ける性質です。私たちの一つ一つの細胞には細胞膜があり、その膜は油成分が多く、膜を通り過ぎた細胞の内側は水分で満たされているという特徴があります。

ちなみに有名な抗酸化物質であるビタミンCは水溶性、ビタミンEは脂溶性です。

水に溶けるビタミンCは油にはじかれるため細胞膜を通ることができません。

これでは細胞の奥深くにある疲れ成分を取り除くことができません。反対に油になじむビタミンEは細胞膜へは入れますが、その内側の水分の領域には行けません。

つまりディーバのように水にも油にも溶ける成分でなければ全身の細胞に浸透して疲れ成分を除くことはできないのです。

また、脂溶性の成分は身体に残りやすいため過剰摂取は健康に悪影響を及ぼすことがあります。ビタミンCをたくさんとってもおしっこで出ていきますが、ビタミンEなどは取りすぎ注意です。

ディーバが優れた効果と安全性の両方をもっている理由は全身に巡ることができて、かつ身体に溜まらないという性質のおかげです。

何時間寝ても、いくら休んでも、栄養のある食事をしても、なかなか取れない疲れがあるという方はぜひディーバゼリーを試してみてください。

  • ホーム
  • お知らせ一覧
  • 世界初!疲れを軽減する牡蠣由来成分のゼリー【機能性表示食品】が発売されました!

世界初!疲れを軽減する牡蠣由来成分のゼリー【機能性表示食品】が発売されました!

何時間寝ても、いくら休んでも、栄養のある食事をしても、なかなか取れない疲れはありませんか。

そんな疲れたあなたには世界一厳しいとされる日本の消費者庁のお墨付き、疲労を軽減するディーバゼリーがおすすめです。

疲れは未病(病気の手前)の最たるものです。

疲れが見られたらすぐに取り除くことが病気にならないため、毎日を充実して過ごすために必要です。

慢性的に疲れている現代人に嬉しい成分がDHMBA(ディーバ)です。
ディーバはその疲れを除く力に優れているだけでなく安全であることも魅力です。

まずは勘違いされがちな「疲労」について解説します。
疲労と聞くと、乳酸というワードが出てくる方もいるかもしれません。
現役のアスリートでも乳酸が疲労物質であると思っている方もいるくらいです。

実は乳酸は糖分(グリコーゲン)を分解する過程でできるエネルギー源であり、老廃物でも疲労物質でもありません。

では疲れの原因は何かというと、「活性酸素の溜まりすぎ」です。
活性酸素の溜まりすぎによってエネルギーを作れなくなってしまい、疲労に繋がります。

活性酸素を除く物質が抗酸化物質です。ディーバもこの抗酸化物質の一つです。

しかし、抗酸化物質と言ってもたくさんの成分があり、コーヒーに含まれるクロロゲン酸やポリフェノールの一種であるロスマリン酸、トマトに含まれるリコピン、ウコンに含まれるクルクミンなども抗酸化物質です。

ではディーバはその中でも何が違うのか、どこが優れているのか、なぜディーバゼリーは機能性を取れたのか。

理由は優れた効き目と安全性です。

まず、疲れを除くパワー(効き目)はクロロゲン酸の約6倍以上です。
そして、細胞に与える毒性を調べた結果、ウコンに含まれるクルクミンやトマトに含まれるリコピンなどと比べても5倍近い安全性が確認されました。

ディーバが疲れを除くのに優れている理由は抗酸化力だけではありません。

ディーバが持つ「両親媒性(りょうしんばいせい)」という性質です。

これは水にも油にも溶ける性質です。私たちの一つ一つの細胞には細胞膜があり、その膜は油成分が多く、膜を通り過ぎた細胞の内側は水分で満たされているという特徴があります。

ちなみに有名な抗酸化物質であるビタミンCは水溶性、ビタミンEは脂溶性です。

水に溶けるビタミンCは油にはじかれるため細胞膜を通ることができません。

これでは細胞の奥深くにある疲れ成分を取り除くことができません。反対に油になじむビタミンEは細胞膜へは入れますが、その内側の水分の領域には行けません。

つまりディーバのように水にも油にも溶ける成分でなければ全身の細胞に浸透して疲れ成分を除くことはできないのです。

また、脂溶性の成分は身体に残りやすいため過剰摂取は健康に悪影響を及ぼすことがあります。ビタミンCをたくさんとってもおしっこで出ていきますが、ビタミンEなどは取りすぎ注意です。

ディーバが優れた効果と安全性の両方をもっている理由は全身に巡ることができて、かつ身体に溜まらないという性質のおかげです。

何時間寝ても、いくら休んでも、栄養のある食事をしても、なかなか取れない疲れがあるという方はぜひディーバゼリーを試してみてください。