2020/06/04

梅雨の養生について



【梅雨は水毒(すいどく)に注意】
高温多湿、蒸し暑い季節を「長夏」と呼びます。
中国の季節としては夏から初秋の頃、日本では「梅雨」になります。
蒸し暑さは胃腸(脾)に影響を及ぼし、体に「痰湿」を生みます。
「痰湿」とは水分代謝の不調によって水分が停滞し、
不要なものが溜まっている状態です。
水の巡りが悪くなることから現れる症状を水毒(すいどく)ともいいます。


【「水毒」の症状について】
下記の症状で該当するものが多いほど水毒体質が強いです。

・体がむくみやすい
・車酔いしやすい
・喉が渇き易い
・いつも体が重いと感じる
・低気圧が来ると、調子がわるくなる
・めまい(回転性)や立ちくらみがある
・泡のような痰が出る
・お腹がグルグルと鳴る
・水のような下痢を良くする
・尿量が多いような気がする 
・寝汗がある
・水様の鼻汁が出る
・汗をかきやすい

【梅雨は五臓六腑の「脾」が不調になりやすい。「脾」の機能が低下すると・・・】
下記の症状で該当するものが多いほど消化吸収機能は弱っています。

・お腹が鳴る事が多く、下痢をしやすい。
・歯茎が出血したり、腫れやすい。
・唾液が多い。または口が乾きやすい。
・食欲が無い。または異常に食欲がある。
・虚弱体質で、貧血気味である。
・胃もたれしたり、胃が痛くなりやすい。
・体が痩せている。または水太り体質である。
・出血しやすい。

※脾は感情の変化に対して敏感で、悩みや
 怒りなどによって消化不良が引き起こされる。

【季節の変わり目である「土用」、もしくは日本において湿度が高い「梅雨」に相当。】
下記の項目がこの時期に必要な養生になります。

・季節の変わり目である土用はデドックスで対応(ファスティング)。
・梅雨は湿度が高く、余計な水が体に残り「水毒」になりやすい。
 水毒になると、頭や体全体が重くなり、関節痛などが出やすくなる。
・精神的にもふさぎがち(考え事が多くなる)。
 活動に関しても無理は禁物。(夏と同じく発汗は重要。)
・余計な水が胃腸に残り、「脾」の働きが乱れ、消化不良になりがち。
 食べ過ぎに注意する。
・「脾」を補う甘味で、かつ除湿の効果がある豆類を多く食べる。
(甘いものの取りすぎは、痰湿を生み、「脾」を傷つける。)
・スイカなども余計な水を排出するが、体を冷やすので気をつける。

2020/06/04

梅雨の養生について



【梅雨は水毒(すいどく)に注意】
高温多湿、蒸し暑い季節を「長夏」と呼びます。
中国の季節としては夏から初秋の頃、日本では「梅雨」になります。
蒸し暑さは胃腸(脾)に影響を及ぼし、体に「痰湿」を生みます。
「痰湿」とは水分代謝の不調によって水分が停滞し、
不要なものが溜まっている状態です。
水の巡りが悪くなることから現れる症状を水毒(すいどく)ともいいます。


【「水毒」の症状について】
下記の症状で該当するものが多いほど水毒体質が強いです。

・体がむくみやすい
・車酔いしやすい
・喉が渇き易い
・いつも体が重いと感じる
・低気圧が来ると、調子がわるくなる
・めまい(回転性)や立ちくらみがある
・泡のような痰が出る
・お腹がグルグルと鳴る
・水のような下痢を良くする
・尿量が多いような気がする 
・寝汗がある
・水様の鼻汁が出る
・汗をかきやすい

【梅雨は五臓六腑の「脾」が不調になりやすい。「脾」の機能が低下すると・・・】
下記の症状で該当するものが多いほど消化吸収機能は弱っています。

・お腹が鳴る事が多く、下痢をしやすい。
・歯茎が出血したり、腫れやすい。
・唾液が多い。または口が乾きやすい。
・食欲が無い。または異常に食欲がある。
・虚弱体質で、貧血気味である。
・胃もたれしたり、胃が痛くなりやすい。
・体が痩せている。または水太り体質である。
・出血しやすい。

※脾は感情の変化に対して敏感で、悩みや
 怒りなどによって消化不良が引き起こされる。

【季節の変わり目である「土用」、もしくは日本において湿度が高い「梅雨」に相当。】
下記の項目がこの時期に必要な養生になります。

・季節の変わり目である土用はデドックスで対応(ファスティング)。
・梅雨は湿度が高く、余計な水が体に残り「水毒」になりやすい。
 水毒になると、頭や体全体が重くなり、関節痛などが出やすくなる。
・精神的にもふさぎがち(考え事が多くなる)。
 活動に関しても無理は禁物。(夏と同じく発汗は重要。)
・余計な水が胃腸に残り、「脾」の働きが乱れ、消化不良になりがち。
 食べ過ぎに注意する。
・「脾」を補う甘味で、かつ除湿の効果がある豆類を多く食べる。
(甘いものの取りすぎは、痰湿を生み、「脾」を傷つける。)
・スイカなども余計な水を排出するが、体を冷やすので気をつける。